弥吉淳二(やよっしー)死因は?元妻は椎名林檎!aikoのバンドギタリストに早過ぎる訃報。

病気療養中だったギタリスト・弥吉淳二さんが1月26日午後9時31分に亡くなっていたことを所属事務所が発表し、業界に衝撃が走っている。弥吉さんはaikoのバックバンドとしても活躍しており、やよっしーの愛称で親しまれてきた。49歳という早すぎるお別れに悲しみが広がっている。弥吉さんの病気や経歴についてまとめました。

弥吉淳二(やよっしー)死因は?元妻は椎名林檎!

【プロフィール】
・ 名前 : 弥吉 淳二 (やよし じゅんじ)
・生年月日: 1968年5月17日 (享年49歳)
・出身地 : 福岡県
・職業  : ギタリスト

弥吉さんは椎名林檎さんと2000年11月に不倫愛を実らせて授かり婚をしていましたが、長男が産まれた半年後の2012年1月にスピード離婚しています。子供の親権は椎名さんが持っているとのことなので、息子さんとは会えていたのか不明です。
長男の名前は『空遥(そなた)』君だそうです。音楽を愛する両親の想いが込められていて素敵ですね。

因みに椎名林檎さんはその後映像ディレクターと2013年に、不倫略奪愛の末女の子を授かって再婚しています。
新しい家族もいるため、息子さんとは頻繁には会えない状況だったかもしれませんね。

弥吉さんの病名については所属事務所からの発表はありませんでしたが、ネットでは膀胱がんだったのでは?という情報が出ています。

膀胱がんは、男性が発症しやすく、比較的若年層もかかりやすい癌としても知られています。
故松田優作さんや、小倉智昭アナウンサー、最近話題になったのは元ボクシングミドル級王者の竹原慎二さんが42歳で発症してステージ4までいったけれど治療して完治したことを告白していました。

しかし、所属事務所によると

約2年半の闘病ではありましたが、本人の希望により病気を公表しておらず、みなさまには突然のお知らせとなりましたことをお詫び申し上げます

とのことで、病名を周囲に明かさず、可能な限りで音楽活動を続けていたという。
かなりの痛みや苦しみがあったはずですが周囲には気丈に振舞っていたのでしょう。
ギタリストとしてのプロ意識が高い方だったことが窺えますね…

aikoのバンドギタリストに早過ぎる訃報

ライブパフォーマンスに定評のあるaikoさんのバンドギタリストとしても長く活躍していたとのことです。

とても仲の良い雰囲気が伝わってくるショットですね。

弥吉さんはaikoさんの他にも吉川晃司さんのサポートギターや編曲家としても多方面で活躍しており、業界内では悲しみの声が上がっています。

元EXILEの清木場俊介さん(38)もブログで弥吉さんを偲んでいました。

「俺がグループを辞めて 一人ロックの音作りに悩んでる時に アルバムをプロデュースしてもらい ツアーにも参加してもらい…とてもお世話になった方。いつかまた必ず作品を一緒に作りたかったのだが…言葉にならないくらいに悔しくて残念です。苦しい闘病生活だったと思います。ゆっくり天国で休んでください。ご冥福をお祈りします」 《引用元:スポーツ報知》

弥吉淳二さんのご冥福をお祈り申し上げます。