米カリフォルニア州子13人監禁した父は教師(画像)!鎖に繋ぎ相当グロい環境でネグレクトか?

米カリフォルニア州南部ペリスで自宅に我が子13人を監禁・虐待していた両親が逮捕されました。
デービッド・アレン・ターピン容疑者(57)とルイーズ・アナ・ターピン容疑者(49)は2歳~29歳の子供を鎖でベッドに繋いで監禁していたというからおぞましい。。17歳の娘が逃げ出して通報したことで事件は明るみに出たが、どれだけ長い期間劣悪な環境で過ごしていたのだろうか・・・
先月日本でも大阪府寝屋川で長女を16~7年監禁して凍死させた事件が起こったばかり。
このような監禁する親たちは子供の人権を何だと思っているのでしょうか。事件の情報をまとめてみました。

米カリフォルニア州子13人監禁した父は教師(画像)!

(CNN) 米カリフォルニア州の当局は15日、民家で男女13人が劣悪な環境で監禁されているのを警察が発見し、夫婦2人を虐待などの容疑で逮捕したと発表した。

同州リバーサイド郡保安官事務所によると、被害者は2~29歳の男女13人で、同州ペリスの民家で鎖でベッドにつながれるなどして監禁されていた。

14日に17歳の少女がこの家を抜け出し、家の中で見つけた携帯電話を使って警察に通報。自分の兄弟姉妹12人が、両親によって自宅で監禁されていると訴えた。

この少女は17歳だったにもかかわらず、10歳くらいにしか見えなかったという。

捜査員が民家に駆け付けたところ、残る12人の被害者を発見した。いずれも栄養状態が悪く、劣悪な環境で監禁されていたという。警察は、全員が子どものように見えたため、一部は成人だと知って驚いたと話している。悪臭が立ち込める暗い部屋の中でベッドにつながれていた被害者もいた。
《引用元;CNNニュース》

また、米紙ニューヨーク・タイムズによると、逮捕された父親は自宅で私立学校を運営する許可を得ているという。
父親が自宅で子供たちの教育を行う代わりに進学させていなかったことも考えられますね。学校に行かせず自宅に監禁しておく。目的が一切わからないです。

子供の将来を奪うためでしょうか?

29歳を筆頭に13人も子供をもうけていることから、両親の仲は良かったと思われますが産んでは鎖に繋ぎ食事もろくに与えない、の繰り返しは正常な精神状態ではありません。まるで監禁するために子供をたくさん産んでいるようなものです。

鎖に繋ぎ相当グロい環境でネグレクトか?


※現場となった自宅

カルフォルニア州の南部に位置するぺリスは高い建物が見当たらないほど、かなり自然豊かな街のようです。
そんな長閑な住宅街で監禁されていた13人は全員が栄養失調状態で現在は病院で治療中ということです。

鎖に繋がれ、糞尿もろくに処理してもらえていなかった状況で過ごしいていると精神状態はどのようになってしまうのか?
動物のような扱いしか受けていないわけですから、心の成長はしていないと思われます。

・子どもたちがなぜそのような仕方で拘束されているのか、両親は筋の通った理由を説明できなかった。
・被害者らは栄養失調で非常に不潔に見えた
・両親の保釈金は900万ドル(約10億円) 《引用元;時事通信》

この情報から、両親たちは終身刑になることが予想出来ますね。
日本に比べて子供の虐待事例が圧倒的に多い米国はその分処罰もかなり厳しいといいます。
保釈金が10億円という現実的ではない高額なことから、両親は残りの人生刑務所で過ごすことになるでしょう。
毒親極まりないですから、二度と子供たちには会わないでほしいと強く願います。

先日滋賀県近江八幡市で監禁状態から警察に保護された38歳の男性もいました。
井坪政 宮崎佑佳カップルでオムツ監禁!寝屋川、焼肉店夫婦など暴行監禁が続くのは何故??

この男性は1年4か月監禁された状態で自力で歩けない体になっていたといいます。子供たちに関しては大切な成長期の期間に監禁され栄養失調になっていることから体の機能が育っていない、歩けない人も多いかもしれません。

子供をつくり、産むことは個人の自由ですが責任をもって育てられないのならば13人にまで増やさないように出来たハズです。
今回の事件は両親たちの趣味嗜好で行われた、愉快犯のような気がしてなりません。今後どのような裁きを受けるのか、注目していこうと思います。

事件の詳細や一家の画像が多数あがってきました。続報はコチラ!
【米13人監禁事件】両親破産で養育不可?全米が泣いた?バンパイアのような子がごみ箱あさる!

法廷で無罪を主張した両親


《引用元;AFPBB News》

1月18日にカルフォルニア州リバーサイド裁判所で行われた罪状認否で、驚くことに両親は無罪を主張したそうです。
全く罪の意識なく数々の虐待を行っていたのだというのが不可解です。

新しく分かった虐待の内容
・シャワーは年に1回しか使用させない。
・歯科医や医者に行くことを禁止。
・トイレに行くときも鎖を外さない。
・食事を満足に与えない。
・虐待は一家がテキサス州に住んでいた当時から始まった。(2011年にカルフォルニア州に転居)
・子どもたちのほとんどは重度の栄養不良状態にあり、それが原因で複数の子どもが認知機能障害を発症していた。
・身体的にも、殴ったり首を絞めたり長時間拘束するなどの虐待が行われ、そうした虐待が数週間から数カ月にわたって続くこともあった。

発見された子供たちが非常に不潔だったということも、年に1回しか体を洗っていないのだから当然でしょうね。どれほどの不快感だったのか、不憫でなりません。両親は自分たちだけシャワーを浴びていたのでしょうか?写真を見る限り、二人は栄養失調には見えませんので自分たちだけ十分な食事をとっていたのでしょうか?

私は同じ親の立場として、子供を差し置いて自分だけが美味しいものを食べたり、お風呂に入ったりする気持ちが一切理解できません。
親であれば、自分が空腹でも子供にだけはお腹いっぱいご飯を食べさせたいと思うはずです。
ターピン夫妻は精神的な疾患や宗教や信仰による制限はなかったといいます。

両親は拷問12件、不法監禁12件、児童虐待6件、成人被扶養者虐待6件の罪で訴追されたそうです。
父親のデビッド容疑者はこれに加え、児童に対する暴力・恐怖・脅迫によるわいせつ行為の罪でも訴追されました。
我が子に対してわいせつ行為をはたらくとは、精神的に本当に疾患がなかったのか疑わしいと思います。

ルイーズ容疑者の妹のエリザベス・フローレス(Elizabeth Flores)さんはABCニュース(ABC News)に対し、夫婦は子どもをもつ前から人付き合いを避けていたと説明。「どうかスカイプ(Skype)をさせてほしい、会ってほしいと私たちは頼んでいた」と語った。

 フローレスさんは大学生の頃にターピン家としばらく同居しており、「2人はとても厳格だと思ったが、虐待は見なかった」という。 《引用元;AFPBB News》

他にも、子供たちの祖父母も4~5年一家に会っていなかったといいます。近所の人からも、親族でさえも遠ざけて子供たちを外部から遮断していた夫婦の目的は何だったのか、未だに謎に包まれています。

最新情報では保釈金がそれぞれ約14億円に設定されているということで、保釈される可能性は極めて低いです。
終身刑になる事がほぼ確定していますが、今後夫婦が何を語るのか、子供たちのこれからについても注目していきたいと思います。

ネットも荒れ模様。。

・こんな猟奇的な事件は海外だけだと思っていたら、最近日本でも同じ様な事件が起きる様になった。
日本人の質が低下したのか?

・実際に監禁してなくても
子供を心理的に監禁している親は
日本にもいるかもしれない。

心理的に我が子を支配してコントロールし
自由を奪ってるような親がいる人は
結婚できてない人が多い。

・なんなの? 世界で今、子供の監禁虐待が流行ってるの。
親って家族って何だっけ?

・世界的になぜ子供への虐待がなくならないのか。

・28歳の子が居ると言うことは、28年間死なないように監禁を続けていたわけだよね?
子供は病気に罹らなかったのだろうか?
まったくの放置でもなく、食べさせたりもしていると言うことだろうし、本当に意味不明な行動。
精神が病んでるんだろうな。

・米国での18歳以下の行方不明者数は年間80万人(書き間違えではない)氷山の一角です。

・どこの国にも狂った人間はいるが米国は規模が圧倒的に違うな。色々気持ち悪い。


tatus/954261524465434624?ref_src=twsrc%5Etfw”>2018年1月19日