そしあるハイム(内部画像)火事!3食付き家賃7万2千円の支援施設が終の棲家に・・・

1月31日午後11時40分ころ、札幌市東区北17条東1丁目の自立支援施設で火事が起こり、木造2階建て、約404平方メートルが全焼しました。住んでいた16人のうち11人が死亡、3人が怪我を負う大惨事となってしまいました。
施設には生活保護を受ける方や自立が難しい年配の方が暮らしていて、3食付きで家賃7万2千円だったという。一時的な仮住まいのはずが終の棲家となってしまう悲劇、火元や2年前の現場施設内の様子などをまとめてみました。

そしあるハイム火災で犠牲者11人に!


31日午後11時40分ごろ、札幌市東区北17条東1丁目の生活困窮者らの自立支援関連施設「そしあるハイム」から出火、木造2階建て約404平方メートルが全焼した。道警によると、男性8人と女性3人の計11人の死亡が確認された。50~80代の男女3人がけがを負って病院に運ばれたが、命に別条はないという。消防によると、火は1日午前5時15分ごろに鎮圧された。
道警によると、「そしあるハイム」は、生活保護者らの自立を支援する施設で、札幌市北区の「合同会社なんもさサポート」(藤本典良代表)が運営していた。

 藤本代表によると、入居者は40~80代の男女16人で、うち生活保護受給者が13人。1、2階が一人部屋の居室で、以前は旅館だったものを共同住宅として使っていたという。各部屋に石油ファンヒーターがあるといい、藤本代表は「1階の厨房にあるポリタンクから各自が必要な分をくんで部屋に持って行っていた。それ以外に部屋に火の気はない」と話した。消火器は1階に3本、2階に4本置いていたという。 《引用元;朝日新聞》

火元は1階と見られているそうで、1階の厨房にあるポリタンク付近では無いかと思われます。
各自がポリタンクから石油を汲んでいたという状況。私も雪国出身なのでポリタンクから石油を汲んでいましたが少なからず石油ってこぼれてしまうんですよね。

各部屋まで運ぶ時に少量でも石油がこぼれていたら?そこに煙草の火が引火したら?
建物は築50年の木造ですから、あっという間に燃え上がることが予想出来ます。

《2月3日追記》
避難した入居者の証言から出火場所は1階の居室からだったことがわかりました。

複数の入居者が逃げる際に、この部屋から火と煙が出ているのを目撃していました。この部屋に入居していた人は普段から居室内で喫煙していたほか、洗濯物をヒーターの上の近くにかけ、乾かすなどしていたといいます。

『ストーブの上に洗濯物』火事の出火原因のあるあるですよね。
火事が起こった31日11時過ぎの札幌市の気温はマイナス8度ほどの冷え込みだったといいます。木造築50年の建物ではストーブを付けていなければ凍える寒さだったことでしょう。洗濯物がストーブの上に落ちて出火、部屋の向かい側に置いてあった石油ポリタンクに引火して一気に燃え広がっていったのではないでしょうか。

近所の男性は「暮らしていたのは、火が出ても自力で消すのが難しそうな人たちだった。かわいそうに」と話しています。
自力で消火出来ないような方たちが住んでいたのが、消火設備が充分に整っていない施設だったという事実も分かってきました。

3食付き家賃7万2千円築50年の支援施設が終の棲家に・・・

FNNが2年前にこの「そしあるハイム」を取材していました。
その時の状況は築50年の旅館を借りて自立支援施設を運営しているが、建物は雨漏りがしたり、ネズミが出たり、生活していくには良い環境とはいえない現状です。



天井の板が外れてもむき出しですね。これはネズミも出そうです。

そして、当時から消防設備であるスプリンクラーが付いていない、との指摘は出ていたようです。
しかし当時の施設代表が諦めともとれるこのような発言をしていました。

「スプリンクラーをつけろというのであれば全面的な(費用)援助の元でやらないと出来ない」
完全に資金不足の状態。2年前からわかっていたことです。しかし資金がないから出来ない、やるなら援助が必要。

確かに、支援施設は入居者をバックアップしていたようです。

このように食事を3食出して家賃が7万2千円。


入居者も「贅沢は出来ない」と話していました。

入居者も、支援者も設備が不十分であることは分かっていながら資金的に改善することは出来なかった。
全員が黙認していたのでしょう。

現在の施設管理者もインタビューに答えていましたが
「スプリンクラーを付けていたら、と残念です。」と話していました。

分かっていながら誰もが問題を放置し続けていた。
起こるべくして起こった火事のようです。

支援施設に入るまでにはそれぞれ事情があったのだと思います。
今後更に高齢化社会が進み、老後の生活が困窮してしまう不安は誰もがもっていることでしょう。

その受け皿となってくれる支援施設が杜撰な管理体制であったら、元も子もないですよね。
手を差し伸べてくれたが、とんでもない場所で手を離された、というような裏切られた心境です。

更に、60歳以上の入居者に食事などのサービスを提供する場合は「有料老人ホーム」に認定されて防火対策が義務付けられるそうですが、そしあるハイムは無届のホームにあたる可能性が高いとして調査されることになりました。

しかし全国に同じような施設は多数あるそうで、いたちごっこの様相を呈しそうです。

消防法の規制や指導を厳しくして残念な事件の再発防止をしていって欲しいです。


2月3日に火災現場に献花台が設置されました。
近所の男性は『生活が苦しい方々がせっかく安らげる場所にたどり着けたというのに、こんな最期はあんまりだ。言葉が見つからない』と沈痛な表情で話していました。

犠牲になった11名の方のご冥福をお祈り申し上げます。