【世界体操】白井健三予選4位通過!内村選手の「背中ポン」でバトン受け継ぐ。Twitterを更新!

世界体操選手権の予選で左脚怪我のため棄権した内村選手が、フロアを降りる前に
白井健三選手の背中をポンと叩いて無言で立ち去った。
白井選手は「全てあれで伝えてくれた。ああいう動作をしてくれるだけで嬉しい」と話した。
自身は初の個人総合での競技参加。師匠との決勝戦対決は叶わなかったが
予選を4位通過した。

初の個人総合に意欲

今回の世界選手権が初の個人総合の挑戦。
予選の得点は85.697点。床運動15.766点、2本の平均で争う跳馬は14.949点で、
ともに暫定首位につけた。
師匠と仰ぐ内村選手が3種目終了した時点で怪我により棄権を表明、フロアを後にしたが
その後動じることなく演技を続けた。

「ここでこそ自分の力が試される。僕は世界一、練習を通してきた自信がある。
こんなことで絶対にぶれない」

と語っている。
本番に強い精神力、21歳のホープが魅せてくれましたね!

王者とホープとして注目を集める


世界選手権前から内村選手7連覇なるか?初の個人総合白井、どこまで内村に食い込んでいくか?
と話題になっていました。
内村選手は「僕が白井だったら、得意な床と跳馬の難易度を上げて点数を上げる!」
とアドバイス。
白井選手は「内村選手は最高の見本。世界での戦い方を一番知っている人」と
話していました。
白井選手は「結果と点数にこだわらない。結果よりもやりきった感覚が欲しい。
2位でも自分が満足していたら悔しくない。」という信念をもって競技に臨んでいる。
個人競技は一番の敵は自分、ということなんでしょうね。
どんな時もぶれない精神力が決勝でも良い結果に繋がると思います。
予選後に早速白井選手がツイートしてました!
素敵な師弟関係のようですね~


個人的に、Twitterのコメント欄に吉田沙保里選手からメッセージが来ていて注目しちゃいました。
因みにコチラ。


白井選手は「任せて下さい!授かるものは授かってます!」と返信。
日本時間で6日に決勝が行われるそうです。
白井選手がどこまで結果を出せるか、本人の満足いく演技をするか注目していきます!
【関連記事】
内村航平 7連覇逃す!左脚怪我した大技リ・シャオペンとは?跳ぶ度に命の危険感じていた!