島田直明 小倉の元司法書士 顧客の100万円着服!からの船橋でキャバクラ従業員になっていた・・・

元司法書士の島田直明(47)が管理していた顧客の口座から100万円着服していた容疑で逮捕された。
司法書士までやっていたのに、何故顧客のお金に手を出してしまったのか?そして、2015年の犯行後にキャバクラ従業員になっていたという振り幅半端ない・・・と気になったので調べてみました。

島田直明 小倉の元司法書士 顧客の100万円着服!

成年後見人をしていた福岡県内の高齢女性の口座から100万円を着服したとして、福岡地検は16日、業務上横領容疑で、元司法書士でキャバクラ従業員の島田直明容疑者(47)=千葉県船橋市=を逮捕した。

 地検は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は2015年5月13日、福岡市内で、管理していた女性名義の銀行口座から現金100万円を払い戻し、横領した疑い。 《引用元;時事通信》

「島田直明」で検索してみると、以前福岡県北九州市小倉南区で開いていた司法書士事務所の情報が出てきました。

事務所の住所や地図情報はありましたが口コミはありませんでした。
100万円を着服したのが2015年5月なのでその後どのくらいの期間事務所を続けていたのかは不明ですが、司法書士事務所検索サイトから自分の事務所の情報を削除していないあたりが杜撰な印象を持ってしまいました。

普通に電話番号も記載されていますので、依頼者が電話してしまうという可能性もゼロではありませんよね。。

からの船橋市でキャバクラ従業員になっていた・・・

せっかく司法書士の資格を持っていたのに、何故現在は福岡県から千葉県船橋市に移り、キャバクラ従業員をやっていたのだろうか・・・?
船橋市でキャバクラと言えば、JR船橋駅周辺かJR津田沼駅周辺で働いていたことが予想出来ます。

司法書士になるには、国家試験である司法書士試験に合格する必要があります。学歴や年齢制限等はないため誰でも受験が可能ですが、合格率はわずか3%で狭き門となっており、多くの人は予備校に通って熱心に勉強を続けています。
給料は全体的に高水準を保っており、独立して成功することで、非常に高額の年収を得る人もいます。しかし、経験がモノを言う仕事であるため、新人の給料は一般の会社員と大差ないというケースが多く、スキルを身につけることが収入アップにつながります。また、顧客を獲得するための営業力やマーケティング力も必要です。  《引用元;キャリアガーデン『司法書士の仕事』》

合格率が3%と、かなり難易度が高い試験を突破した島田容疑者ですが、営業力などが不足していたのでしょうか。
それとも金銭的に逼迫していて、目の前のお金につい手を出してしまったのでしょうか。

現在、遺産相続の問題は家族内で多くあり、トラブルが絶えないといいます。家族で解決出来ないから専門家である司法書士を頼って成年後見人を頼むケースが多いと思うのですが、まさかその司法書士に財産を脅かされるとは、怒り心頭ですね。

いずれにしても着服した犯行時から2年半後、住まいも仕事も変えていることから司法書士として継続していけなかった理由がたくさんありそうです。もしかしたら余罪も出てくるかもしれませんので今後も注目していきます。