島田正次(元湖西市議)自殺!釈放から4日後に車中で発見される!あの性癖が原因か?

残念な訃報が入ってきました。1月10日に児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕された元湖西市議・島田正次(70)が17日に釈放されて在宅で捜査が続けられていた中、21日午前中に駐車場に停めていた自家用車の中で亡くなっているのが見つかりました。逮捕理由が衝撃的だっただけに周囲の反応が耐えられなかったのかもしれませんね。この事件の経緯をまとめてみました。

妻悲痛!島田正次(元湖西市議)自殺!

1月10日に逮捕され、送検される時の島田容疑者の様子。

逮捕容疑は2017年3月に中学3年生の男子生徒に下半身の画像を撮影してLINEで送信させた上、12月には横浜市内のホテルで高校3年生の男子生徒に1万円を渡してわいせつな行為をした2点でした。
その時の記事はコチラ

島田容疑者の家族関係など逮捕当時は不明でしたが、17日の情報番組『バイキング』内では奥さんがいることが報じられていました。

『何もわかりません、今はもう、何が何だかさっぱりで・・・』

というコメントが紹介されていましたので、夫が逮捕されて初めて島田容疑者の性的な趣味が判明してどうしてよいかわからないという状態だったと思われます。
また、島田容疑者には息子さんもいたということなので年齢的にも息子さんは会社でもある程度の役職に就いている可能性がありますから、悪影響が出ていたかもしれませんね。。

更に島田容疑者は湖西市議を2010年から務めて3期目、強豪校として知られる中京大学の陸上部の棒高跳びコーチとして有名選手を育てる程の人物だったため、多くの知り合いや仕事関係者にもこの逮捕の衝撃は走ったことでしょう。

市議選を3回勝ち抜いたということは地元に多くの支援者がいたことも明らかですので、今回の逮捕は正に島田一家にとっては恥そのものだったのではないでしょうか。

釈放から4日後に車中で発見される!あの性癖が原因か?

そして、逮捕から1週間後に釈放されたものの、島田容疑者の状況は四面楚歌。妻に、家族に、支援者たちに顔向けできない島田容疑者は自らの罪を死で償おうと今回の自殺に繋がってしまったのではないでしょうか。

死因は一酸化炭素中毒で、練炭自殺とみられる。

 捜査関係者によると、浜松市内の駐車場で21日午前、止められた車の中で男性がぐったりしているのを通行人が発見、通報した。死亡が確認され、島田元市議と判明したという。

 神奈川県警が今月10日に逮捕。17日に釈放され、県警が在宅で捜査を続けていた。

 湖西市議会事務局によると、家族から辞職願が提出され、受理されていたという。  《引用元;時事通信》

島田容疑者の奥さんの立場になって考えると、結婚して子供をもって、選挙を支えてきた旦那さんの真の姿があまりにも違い過ぎて信じられない心境だと思います。お子さんがいるようなので、何とか奥さんの心の支えになってほしいと思います。

島田元市議のご冥福をお祈りいたします。

【他にも釈放後に残念なニュース】
坂本厚樹(39)が自殺!監禁事件で逮捕、釈放翌日?アツキムエタイジム仲間の謎深まる!