坂本花織 韓国人?平壌五輪へ!お笑い、人懐っこいキャラはヒンシュクも買うのか?

12月24日に平壌五輪のフィギュアスケート代表が発表され、女子は宮原知子選手(19)と坂本花織選手(17)が選ばれました!
宮原選手は全日本選手権大会で4連覇を果たしており、選考は確実視されていたが残りの1枠を巡って熾烈な戦いが繰り広げられていました。見事五輪への切符を勝ち取った坂本花織選手に注目してみました。

坂本花織選手プロフィール

坂本花織選手と検索すると「韓国人」というキーワードが出てきます。
どういうことなのか?調べてみました。


【プロフィール】
名前  ; 坂本花織
生年月日; 2000年4月9日(17)
出身地 ; 兵庫県神戸市
身長  ; 158cm
血液型 ; B型
コーチ ; 中野園子、グレアム充子
所属  ; シスメックス(神戸に本社をおく医療機器メーカー)
学歴  ; 神戸野田高等学校在学中

どうやら坂本選手の切れ長な一重の瞳などから顔が『韓国人っぽい』と言われているようです。
しかし調べてみると父親の職業が警察官のようです。国家公務員は日本国籍の方しかなれませんので、お父さんは日本の方。また母親については専業主婦で名前が悦子さんという情報がありましたので日本人のようです。

出身地である神戸市は在日韓国人の方が多い地域ということで憶測、噂が広まってしまったのかもしれませんね。

坂本花織さんのフィギュアスケートを始めたエピソードが可愛いんです!
朝の連続テレビ小説「てるてる家族」で石原さとみさん演じる主人公の姉(上原多香子さん)がフィギュアスケート選手で、それに憧れて4歳で始めたそうなんです。4歳の女の子がドラマの影響を受けてやりたい!と言い出した時にそれを叶えてあげる周りの環境がまた素敵ですよね~!

ちなみに3姉妹末っ子のようです。
可愛がられて育ったんでしょうね~!

中学3年までやっていた水泳は選手コースに入れるほどの実力の持ち主だったそうなので、身体能力が高いことがわかります。

お笑い、人懐っこいキャラはヒンシュクも買うのか?


テレビの特集を見ると坂本選手はとても明るくていつでも笑顔の選手です。
本番直前の練習でも笑顔を見せることから『気持ちに余裕がある、大物感。いや、緊張感が足りない』など色んな声が聞こえてきます。

今回の全日本選手権でショートプログラムを終えた後、73点という高得点が出てとても驚き、興奮しながら
『ヤバいヤバい!』と言っていました。

感情をそのまま素直に表現するところが裏表なく、私は高校生らしくて好感が持てるな~と思いましたが、
『ショートの後にはしゃいでるところ、ベラベラしゃべるところが気になる、嫌い』という意見もありました。

日本を代表して五輪に出場するのだから日本人としての品位をもって戦ってほしいという気持ちもあるのかもしれませんね。

坂本さんは五輪代表に選ばれた時に記者から
『(好物の)焼肉が食べたいか?』と聞かれて
『ひたすら肉を食べたい。カルビが食べたい。』と笑ったといいます。

お笑いキャラで周囲からも愛されキャラ。神戸出身ということで笑いがとても身近にある環境で育ってきたこともあり、サービス精神も旺盛なのではないでしょうか。
スマートフォンのLINEを開くと276件もの祝福メッセージが届いていたというので応援してくれている人が沢山いることを物語っています。

何より笑顔がとっても素敵で度胸のある17歳。
2月の平壌五輪でも活躍してくれること間違いないと思いますので、今後も応援しています!