サッチーピンコロ死!ミッチー・サッチー騒動の時は赤プリに雲隠れしてたな~!

サッチーの愛称で親しまれた野村沙知代さんが12月8日午後自宅で倒れ、緊急搬送されたが死去した。85歳だったという。
夫の野村克也さんによると、前日まで普通に元気で突然死だったという。兆候が全くなく野村さん自身驚きを隠せない様子だった。普通に元気で寿命が来てコロっと亡くなる・・・高齢者憧れの『ピンピンコロリ』をやってのけたサッチー、さすがです!
ミッチー・サッチー騒動の渦中、サッチーが脱税で逮捕されたのが2001年12月、釈放後赤坂プリンスホテルに極秘宿泊していました。私は当時赤プリでアルバイトしていたのですが、超トップシークレット案件でサッチー宿泊のため厳重に接客、口外禁止のお触れが出たのでした。赤プリも、サッチーも亡き後ぶっちゃけちゃいました!


野村沙知代さんピンピンコロリで死去

【野村沙知代さんプロフィール】
生年月日 : 1932年3月26日~2017年12月8日(享年85歳)
出身地  : 福島県西白河郡西郷村
学歴   : 東京都荒川区立第二瑞光国民学校(中学校)
結婚歴①  : 1957年アメリカ軍将校として来日していたアメリカ人と結婚。男の子を二人もうける。
結婚歴②  : 1978年野村克也と再婚。W不倫の状態で1973年野村との子供(野村克則)を出産していた。
所属   : 株式会社エフエンタープライズ

サッチーと言えばミッチー・サッチー騒動を起こしたり、衆院選に出馬して落ちたり、ヌード写真集を出してみたりととにかくワイドショーを賑わせたタレントでした。

今、こんなに傍若無人に振る舞い、叩かれまくる芸能人って居ないですよね。そう考えると唯一無二の存在だったのではないでしょうか。

亡くなる前日まで普通に元気でいつも通りレストランで食事もしていたという。
12月8日に昼過ぎに起きた時、珍しく野村克也さんに
「左手を出して。手を握って。」と言ってきたとのこと。
結婚して45年間一切病気をしなかった沙知代さんがダイニングテーブルで急に意識不明になった。
「どうしたんだ?」としか話せなかったという。
「男心を認識してくれて何の苦労もなかった。典型的なカカア天下だな」と感謝の気持ちをしみじみ語った野村さん。
最期までおしどり夫婦で過ごせて本当に幸せでしたね~。。


赤プリに雲隠れしていたサッチー

サッチーが2001年12月に逮捕された後、ワイドショーの取材は加熱していた。

そんな時に赤坂プリンスホテルでアルバイトしていた私は朝礼で上司から「マスコミから逃れるために野村沙知代さんが当ホテルに偽名で宿泊している。絶対に口外しないように、ホテル周辺で何か聞かれても知らぬ存ぜぬを貫くように。」と言われた。

確か宿泊名は山田太郎だか山田花子で、そんなの逆に目立つんじゃないのか?と思ったけど、しかも結構なグレードのお部屋に泊まっていたけど、何だか初めて自分が『大人のジジョウ』とやらに直面したように感じて国家機密でも扱うスパイのような気分になったのでした。
って、一度もお姿見かけませんでしたけどね笑


同じ「カツヤ」繋がりの高須医院長は、一昨日野村夫妻と会っていたようで突然の訃報に驚きを隠せないようでしたが、CMでも共演していたサッチーに前向きなツイートをしていました。

宿敵のミッチーこと浅香光代(89)さんは、取材を受けて

「アタシよか長生きすると思ってたのに、人間って分からない。こうなったら、仏になりましたから、安らかに、と手を合わせるしかない」«引用元:デイリースポーツ»

と語った。

世間を賑わせながらもどこか憎めない、「憎まれっ子世にはばかる」を体現してきたようなサッチー。
ネットでは野村克也さんがガックリきて体調を崩されるのではないか?と心配の声が上がっています。
ご冥福をお祈りします。