李成男 韓国の泥棒が日本で荒稼ぎしていた!目黒区で6000万円相当の被害はヤバい!

韓国で泥棒をやりすぎでいられなくなって日本に来た、という李成男(40)が逮捕された。泥棒やりすぎで国にいられないって、どんな状況?ていうか韓国で捕まらなかったのか?そんなアブナイやつ、日本に入国させないでよ~というのが率直な感想ですが、お騒がせ韓国人の李成男について調べてみました。

李成男 韓国の泥棒が日本で荒稼ぎしていた!

留守宅に侵入し、現金や腕時計などを盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗などの疑いで、自称韓国籍の無職、李成男容疑者(40)=東京都新宿区大久保=を逮捕した。「韓国で泥棒をやりすぎてできなくなり、日本に来た。盗んだものは韓国の質屋で売った」などと話し、容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年12月15日、東京都目黒区の住宅に侵入し、腕時計など13点(時価計約124万円相当)を盗んだほか、同区の別の住宅からも現金127万円とネクタイピンなど41点(時価計約370万円相当)を盗んだとしている。

 李容疑者は別の男らと共謀し、高級住宅などを狙ってバーナーやバールで侵入し、盗みを繰り返していたとみられる。都内では10月25日以降、同様の被害が37件(総額約6千万円)あり、関連を調べている。 《引用元;産経新聞》

李容疑者は民泊に宿泊しており、帰宅したところを逮捕されたという。
民泊に滞在して犯罪を繰り返していたとして、今流行りの民泊についても規制がかかりそうな案件ですね。

そもそも、韓国で犯罪を繰り返していたというのに日本に入国出来たことが不思議です。
前科がついていても出国・入国は簡単に出来るのだろうか?それとも偽造パスポートでも作っていたのだろうか。

「韓国の質屋で売っていた」と供述していることから窃盗した品物を自国で販売していたという手口も気になります。
新しい情報が入り次第追記していきます。

目黒区で6000万円相当の被害はヤバい!


今回李容疑者が盗んだ物
・現金
・腕時計
・ネクタイピン
これらを目黒区の高級住宅街で留守の住宅を狙って盗ったとのことです。

高級住宅街には、SECOMやALSOKなどのセキュリティ会社が入っている住宅が多いと思われますが、犯行途中に捕まらなかったのはプロの手口ですね。

近年外国人窃盗団が増えている話はアチコチで聞きます。
・マンションのごみ置き場なんかも狙われやすいそうで、粗大ごみで出ている家具や故障した電化製品を盗っていき、自国で売り飛ばす。
・車のハイエースが海外で大人気で盗まれやすい。日本では作業者として使われていることが多いから、作業中、ふと車から離れた瞬間に盗まれたりする。

日本人は盗難防止に対する意識が異様に低いと言われています。
私も「誰も盗らないだろう」という性善説をあらゆる場面で採用していますが盗られてからでは遅いですから、未然に防ぐ意識を持たなければと改めて感じました。

今回の李容疑者は韓国籍ということもあり、ネットの声は多数あがっています。

・こんな犯罪者が簡単に入国してるのだから多くのスパイが潜入してても不思議じゃないね。
テロ対策とか掲げてるけど外国人の入国に対してもっと厳格な審査をすべきだろう。

・指紋とかやった方がいい。来るのはいいけど入国簡単すぎるだろ。

・日本は狙われやすいんだよなぁ。

・犯罪者も入国出来ちゃうんですね。
せめて犯罪者は顔認証システムに登録し次回は入国出来ない、あるいは密入国してもNシステムみたいに見つけ出すことが出来るようにして欲しい。

・入国制度厳しくして
犯罪歴あったら入国出来なくして
ただでさえ船で密入国するやついるんだから

・ありえないね。
こんなゆるゆるの入国審査してるから、次から次へと犯罪者集団が入国してくるんだわ怒