米フロリダ「殺人ピエロ」の容疑で女逮捕(画像有り)!殺害した女性の夫と結婚していた衝撃!当時不倫してたのか?

27年前にアメリカ、フロリダ州で起きた殺人事件に急展開!
1990年フロリダ州ウエストパームビーチ校外の自宅で息子とその友達と食事をしていたところ、
侵入してきたピエロ姿の人物に女性が殺害された事件で未解決のまま時が経っていたがDNA鑑定など新しい技術を駆使して容疑者が浮上。
殺害現場から約1300キロ離れたバージニア州アビンドンで容疑者の女 シーラ・キーン(54)が逮捕された。その女は何と事件から12年後に殺害した女の夫と結婚していた!
2人は当時から男女関係にあったとみられている。不倫の末に不倫相手の妻を殺害していたのか?!

事件の概要


1990年5月26日、自宅で息子とその友達と食事していたところ、女性の自宅敷地内の道路に
白い車が侵入。中からピエロの恰好をして風船2つと花を持つ人物が出てきた。
女性が玄関で対応するとピエロは女性にプレゼントを手渡した後、銃を取り出して
女性の顔面に発砲、静かに現場を去っていったという。
女性は病院に搬送されたが2日後に死亡した。
捜査当局は当時、容疑者を特定したものの、有罪に持ち込むのに十分な証拠がないとしていた。

衝撃の事実?!

事件が大きく動いたのは捜査を再開した2014年以降。
目撃者に改めて事情聴取を行ったほか、1990年当時は利用できなかったDNA技術を
使って証拠を調べたという。
事件から12年後にシーラ・キーン容疑者と殺害された女性の夫が結婚していたことも
明らかになった。
バージニア州ワシントン郡の保安官によれば、 シーラ・キーン容疑者が逮捕された際、
2人は一緒に車に乗っていたという。
当時から2人は男女関係を疑われていたが、否定していた。
ここからは筆者の推測だが、シーラ・キーン容疑者と現在の夫は被害者女性が健在の時からの
不倫関係だったのではないだろうか。
2人で共謀して女性殺害を企て、シーラ・キーン容疑者が決行、事件の騒動が落ち着いたころに
密かに結婚。
殺害現場から1300キロ離れた土地で新しい生活を送っていた。
まるでドラマか映画のような話であるが、あまりにも演者が揃っている。
しかし、被害者女性の息子はどんな気持ちだろうか。
母親がピエロに目の前で殺されてその12年後に父親が結婚した継母がその15年後に実の母殺しで逮捕される。尋常じゃない事態だと思う。
父親の不倫による悲劇、今後シーラ・キーン容疑者がフロリダ州に戻り次第、死刑を求刑するか明らかになるという。
27年も逃げ続けていた容疑者が公正に裁かれることを願います。
【関連記事】
●【衝撃】ロシアで殺人と人肉食の疑いで夫婦逮捕!30人殺害?まるでリアル「羊たちの沈黙」?!
●ロシア 食人夫婦(画像有り)妻ナタリアの証言に戦慄が走る!「彼の目はガラスでできている」