大杉漣 死因は急性心不全!ブログで愛猫綴った3日後に。相棒の副総監どうなる??

名俳優 大杉漣さんの突然の訃報が入ってきました。死因は急性心不全とのことです。
たくさんの作品で楽しませてもらっていたのでとてもショックです。
大の猫好き、サッカー好きで知られていた大杉漣さんのブログには亡くなる3日前に愛猫ちゃんの様子を投稿。
そして現在本人役で出演中のドラマ『バイプレーヤーズ』の撮影を終えた7時間後には息を引き取ったという状況が衝撃的です。
大人気ドラマ『相棒』でも副総監役でかなり重要な人物として出演していたため、今後のストーリー展開にも注目が集まっています。

大杉漣 死因は急性心不全

大杉漣 プロフィール
本名  : 大杉 孝

生年月日: 1951年9月27日

年齢  : 66歳(平成30年2月21日死去)

出身地 : 徳島県小松島市

身長  : 178cm

所属  : ザッコ

血液型 : B型

大杉漣さんと言えば、とにかく映画やドラマ、バラエティー番組と活躍の場が幅広く、名脇役『バイプレーヤー』として多方面で愛されていた俳優さんですよね。

ご自身の俳優としての転換期として北野武監督の映画『ソナチネ』(1993年)出演が大きいと語っていました。
オーディションに遅刻して、北野監督と2秒くらいしか目を合わせられなかったのに合格。

この映画に出られたことで、もう少し俳優やってみるかな、と思えた。
と語っていました。

その後も北野作品には欠かせない俳優さんとして、順調にキャリアを積んでいきました。
『アウトレイジ』シリーズでも良い味出していました。

そんな大杉漣さんの訃報に北野武さんも驚きを隠せなかった様子です。

松重豊さんについて『最後の別れの時までちゃんと付き合ってくれるやつ』と語っていた
大杉さんは2月20日に千葉県で、出演中のドラマ『バイプレーヤーズ』の撮影を21時に終えた後、出演者たちと食事をしました。
その後宿泊先のホテルに戻った後に腹痛を訴え、出演者たちのグループラインに23時過ぎに『具合が悪い』と投稿。
それに気づいた松重豊さんが付き添ってタクシーで病院に行き、最善の治療が施されたけれど容体は改善せずに翌日午前3時53分に急性心不全で亡くなってしまいました。

体調の異変に気づいてから僅か5時間あまりで帰らぬ人となってしまった大杉さん。
実は生前に松重豊さんのことを『最後の別れの時までちゃんと付き合ってくれるやつ』と語っていたそうです。

「友人ではあるんだけど、いいライバルというんじゃいないですけど刺激しあえる。
付き合ってくれるとお酒なんかも最後まできちっと付き合ってくれて。
なんか最後の別れの時までその瞬間までちゃんといてくれるやつ。
本当にいいやつなんですよ。」
2008年出演の『はなまるマーケット』ビデオレターでの大杉漣さん

まさか、本当に最期の最期まで看取ってくれることになるとは・・・

「大杉さんのおかげですごく雰囲気も良くなるし。
映画の現場自体がスムーズに進むし。
それでいて、大切なこともキチっと行ってくれるんですよね。

だから本当にボクが映画好きになったのは大杉さんがいて、仕切ってくれていたからで。
本当に尊敬する先輩だし。

一緒に買い物に行ったら止まらないですし。
なんかね、あういう先輩になりたいなって思ってこういう仕事続けてきたなっていうのはありますね」

2008年出演の『はなまるマーケット』での松重豊さん

松重豊さんも尊敬する先輩として慕っていたんですね。

ブログで愛猫綴った3日後に。。
亡くなる3日前に大杉さんはブログを更新していました。

お早うございます!

トラ

こんな顔でぼくを見ます

ご飯にして欲しいのだと思います (*☻-☻*)

わかったよ!

映画で共演した猫ちゃんを大杉さんが引き取り、『トラ』と名付けて飼っていたそうです。
本当に猫ちゃん好きでブログにはたくさんのほっこり写真が綴られていました。

大杉漣さんのブログ ⇒  大杉漣の風トラ便り

相棒の副総監どうなる??

現在放送中の『相棒16』では衣笠副総監で中々に狡猾で世渡り上手な役柄を演じていました。
水谷豊さん演じる警視庁特命係の右京さんとの絡みや内部政治に絡む上で重要な役柄だったため、今後のストーリー展開はどうなってしまうのか?

ネットでも心配する声が上がっています。

私も相棒ファンとして毎週楽しく視聴していたので本当に残念です。
どんな話の流れになっていくのか注目したいと思います。

また、芸能界から大杉さんの早すぎる死を悼む声が続いています。


まさに、『大杉漣が出ているか、出ていないかだ』この言葉の通りの存在感でした。

今までたくさんの作品で日本中を楽しませてくれてありがとうございました。
大杉漣さんのご冥福をお祈り申し上げます。