宮脇貴史(画像)動機は給料支払いたくないから殺そうと思った。水銀入り煙草で殺害計画は怖すぎる!

カヌー選手が後輩選手の飲料に薬物を入れてドーピングした事件で揺れるスポーツ界ですが、今度は元従業員に水銀入りの煙草を渡した男・宮脇貴史(36)が逮捕されました。こちらは動機が「殺そうと思った」なので、ガチですね。給料を支払いたくなかったからといって、殺害しようとするなんて常軌を逸しています。先輩から薬物を盛られる、元同僚から煙草で殺されそうになるという事件が相次ぎ、やはり一番怖いのは身近な人なのか・・・と恐ろしくなってしまいます。宮脇容疑者について調べてみました。

宮脇貴史 動機は給料支払いたくないから殺そうと思った。


《引用元:NHKニュース》

宮脇容疑者のプロフィール
・氏名  : 宮脇貴史
・年齢  : 36歳
・住まい : 滋賀県大津市関津6
・職業  : 設備業

大津市の設備業、宮脇貴史容疑者(36)は、去年6月滋賀県栗東市に住む37歳の男性に水銀を注入した加熱式たばこを渡して吸わせ、殺害しようとしたとして、10日殺人未遂の疑いで逮捕されました。

男性は、宮脇容疑者が以前経営していた会社の同僚で、栗東市の路上で渡された20本入りのたばこ1箱を、翌日にかけてパチンコ店などで10本余り吸ったあと、頭痛やろれつが回らなくなるなど中毒の症状が出て病院に運ばれていました。

警察によりますと、宮脇容疑者は調べに対し容疑を認め、「1本につき0.3グラムから0.5グラムの水銀を注入した」などと供述しているということです。 《引用元:NHKニュース》

被害に遭った男性(37)はNHKの取材に応じています。

・封の切られた加熱式のたばこを『たまたま買ったから』と手渡された。その場で吸うと宮脇容疑者は、こちらを凝視していた。
・水銀が入っていたと聞いた時は死を覚悟した。
・容疑者に「何でやったのか」と問い詰めたら「借金が増えすぎて一人でも減らそうと思った」と言われた。
・逮捕されたことには、ほっとしているが、元同僚に、とんでもないことをされたことが、とても寂しい。

給与を支払えないからと言って命を奪おうとするなんて、冗談じゃないですよね!
お金と命を同じ物差しで測らないで欲しいです。宮脇容疑者が精神的に極限まで追い込まれていたとしても、元同僚を殺害したら状況が良くなるハズがないですから。

水銀入り煙草で殺害計画は怖すぎる!どんな影響が出るのか?

宮脇容疑者は「1本につき0.3グラムから0.5グラムの水銀を注入した」と話していますが、水銀はどこから入手したのでしょうか。
一般的に入手は難しいとされていますが、設備業を営んでいたので仕事関係の繋がりからかもしれません。
滋賀県警は入手経路や詳しい動機を調べているようです。

水銀は過去にも飲料などに混入させる殺人未遂事件が起きている。消化器からの吸収は遅いが、加熱で蒸気化し呼吸器から取り込まれると、より速く高濃度で血中に吸収され、危険度が増す。宮脇容疑者はこうした特徴を知っていたとみられる。 《引用元:毎日新聞》

水銀を蒸気で吸収すると肺に取り込まれて血液を通して全身に運ばれてしまいます。被害者男性はろれつが回らなくなり、全治不明の味覚障害を発症していますからその危険度はかなり高いですね。命に別状がなくて何よりですが、味覚が戻らなかったら・・・と思うと絶望ですね。