増田幸平 次女殺害!人間関係?金銭トラブル?情緒不安定な娘の将来を案じて絞殺!

東京都練馬区の都営住宅で父親が次女を殺めるという衝撃的な事件が起きました。次女の増田絵美子さんは37歳で実家で両親と3人暮らしをしていましたが2017年12月以降職場での人間関係や知人との金銭トラブルで警察に何度か相談に来ていたようです。そんな次女の将来を悲観して殺害してしまったという内容の供述をしている増田容疑者。何だか闇が深そうです。調べてみました。

増田幸平(74)同居の次女を殺害!

自宅で次女を殺害したとして、警視庁は15日、東京都練馬区豊玉中3丁目、無職増田幸平容疑者(74)を殺人容疑で逮捕し、発表した。「娘の将来を悲観して殺してしまった」などと供述しているという。

 練馬署によると、増田容疑者は15日午前、自宅アパートの一室で、次女で無職の絵美子さん(37)を何らかの方法で殺害した疑いがある。同日午前9時15分ごろ、署を訪れて「マフラーで娘の首を絞めて殺した」などと自首したという。 《引用元;朝日新聞デジタル》

グーグルマップを見てみると、練馬区豊玉中3丁目の都営住宅がありました。

東武池袋線の練馬駅から南に500mほどの位置にあり、近くには公園も多く良い住居環境だと思われます。

無職の増田容疑者が娘の将来を悲観して殺意を抱くほどになった理由は何だったのでしょうか?
絵美子さんを背後から首をマフラーで絞めたと話しており、カッとなったというよりは、覚悟を決めて忍び寄った様子が窺えます。

容疑者の妻(67)は犯行時、仕事のため家を空けていたようですが次女の絵美子さんは月曜日午前に在宅だったということはシフト制の仕事だったのかもしれませんね。

人間関係?金銭トラブル?情緒不安定な娘の将来を案じて絞殺!

増田容疑者の妻は次女の絵美子さんについて「情緒不安定な面があった」と話しているといい、警察が詳しい動機を調べているそうです。

絵美子さんは昨年12月以降、複数回にわたり、職場の人間関係や知人との金銭トラブルについて同署に相談していたという。 《引用元;産経新聞》

警察に相談しに行く前にはおそらく家族にも相談していたことが予想されますので、両親はトラブルが続く次女に関して色々と案じていたのかもしれません。金銭トラブルについても、絵美子さんから頼まれて金銭的に援助したりすることがあったとしたら巻き込まれていた可能性もあります。

私はこの事件を聞いて、以前70代女性から聞いた子供の愚痴を思い出しました。

「自分はもう70歳を超えているけれど、3人いる娘が全員嫁にもいかず、派遣社員だから自立することも出来ずに実家暮らしを続けている。
一番上の娘は40歳を過ぎているけど焦る様子もなく、家事もせずに自分の好きなことばかりしているから下の娘も何の危機感もない。
私は70を過ぎてもまだ飯炊き母さんをやっているのよ、困ったねぇ。。」

実家を出ずに結婚もせずに暮らし続ける娘。どんな状況だったのかわかりませんが、仕事をしていたということなので健康であったことと思います。
しかし父親が手をかけてしまうところまで追い詰めて犯行に及んでいるので並々ならぬ事情を感じてしまいます。

私自身とても気になるニュースなので詳細が分かり次第追記していきます。

海外でも酷い親が出てきた!
米カリフォルニア州子13人監禁した父は教師(画像)!鎖に繋ぎ相当グロい環境でネグレクトか?

ネットの声

・今の時代に限ってじゃないだろうけど、
娘さんはまだ独女実家暮らし?
出戻り?とかだったかな。
他の事情もあるだろうが、
殺さなくても。

少なからずこんな家庭はいるだろうな

・ヤミ金にまで手をだしたな。数年前に同じ様な事した職場の部下がいたわ。オヤジに刺されてないけど、相談に来た。困ったよ・・・それだけ追い込まれたんだろうに。

・お嬢さんがどのような問題を抱え、お父様がどのように思い悩んだか知る由もありませんが、もしかしたらお父様は老齢期の鬱で必要以上に悲観してしまったのかもしれません。
お嬢様のご冥福をお祈りいたします。そしてお母様のご心労が少しでも軽くなりますように。

・これだけの記事では真相はよくわからないけど、手をかけなければいけない余程の事情があったのでしょうか。
74歳が37歳の娘を。感情的にカッとなってという事もあるのかな。
悲しい話だけど。