茨城県日立市田尻町 放火殺人で父親の小松博文容疑者(32)逮捕!生活にかなり困窮していた!一家心中か?

10月6日午前5時過ぎに茨城県日立市田尻町の県営住宅1階部分で火災があった。
該当する住戸に住む一家の母、子供5名の計6名の死亡が確認された。
県警日立署に「家に火を付けた」と出頭したこの家の父親・小松博文(32)が緊急逮捕された。
子供が5人いる一家は経済的にかなり困窮していたとみられている。
父親による一家心中なのか?母親の連れ子である長女には複数刺し傷があったため殺害後火を付けたとみられている。他の5人の殺人もほのめかしているという容疑者・・・
調べてみました。

放火殺人で父親の小松博文容疑者が緊急逮捕!


何とも痛ましい事件が起きてしまった。
妻・恵さんの連れ子である長女の夢妃(むうあ)ちゃん(11)を「刺した」と供述している容疑者。
その他の5人にも刺し傷が複数確認され、遺体は血だらけだったという。
自身の子供は4名とも男児で7歳、5歳、3歳の双子と可愛い盛りの子供たちだ。
容疑は6日午前4時半に小松容疑者が家族5人を殺害した後自宅に火を付けたとされている。
早朝の全員が寝ているとされる時間に何が起こったのだろうか。
IMG_20171006_140420 (1).jpg
5人の遺体は間取り図左上の和室で発見されたという。
火事で亡くなったとしたらすぐに逃げられる場所で寝ていたことから、火事が起こった時には既に亡くなっていたことが分かる。

生活にかなり困窮していた!無理心中だったのか?

知り合いの証言によると

「生活費がかなり厳しかった。奥さんが子供にゲームやおもちゃを買い与えたら
 夫がそれを売って自分の小遣いにしていたようだ」(妻・恵さんの元同僚)

「足と肩に入れ墨を入れてプラプラしているような男だった」(小松容疑者の知人)

「しょっちゅうケンカする声が聞こえた」(近所の人)
引用元:日テレニュース24

とのことで、生活に困窮していて日常的に夫婦喧嘩が絶えなかった様子が伺える。
因みに県営住宅の家賃は1万7,000円だったとみられる。
(情報番組「直撃Liveグッディ!」より)
小松容疑者は6月から新しい仕事を始めていたようだが、それまでも職を転々としていたようだ。
子供が大切にしているゲーム機やおもちゃを平気で売るような男だから、自分のことしか考えていないのかもしれない。
無理心中を謀ったのではなく、自分だけ楽になりたかったのかもしれない。
卑劣極まりない犯罪を犯した小松容疑者。
妻と相談して何とか家族7人で暮らしていく道を見つけることは出来なかったのだろうか。
今後どんな供述をするのか注目していきたい。
【関連記事】
●【茨城放火殺人】犯行の動機は離婚話だった?小松博文容疑者のダメ夫ぶりが酷い!!浮気も?
●【茨城放火殺人】小松博文容疑者の殺意がヤバイ!妻・恵さんインスタから伝わる愛に涙。。