小平奈緒 得意種目は1000mと500m!平壌五輪動画まとめ 韓国女帝も敬遠する速さ!

平壌五輪で最も金メダルに近いと言われている小平奈緒選手。
日本選手団の主将も務め、注目を集めていますがいよいよ得意種目のスピードスケート女子1000mと500mが近づいてきました。
主将はメダルが獲れないジンクスなんて吹き飛ばすくらい、勢いに乗って頂点に立ってほしいですね!
韓国の氷上の女帝、イ・サンファは500mに専念するために1000mを欠場すると発表。そのくらい小平奈緒選手が脅威なのではないでしょうか?!
こちらの記事では平壌五輪の小平選手の滑走をまとめていきます。

小平奈緒 得意種目で金メダルへ!

2月12日に行われたスピードスケート女子1500mでは高木美帆選手が銀メダル、小平奈緒選手は6位入賞という結果でした。
小平奈緒選手の得意種目は1000mと500m、今シーズン抜群のコンディションで駒を進めてきました。

2017年12月の世界大会では1000mを1分12秒09で滑走、世界新記録を出しています!

更に、小平選手のライバルである韓国のイ・サンファ選手《バンクーバー五輪・ソチ五輪500m金メダリスト》が500mに専念するために1000mは欠場することにしたそうです。

オリンピック2連覇中で地元韓国での大会では絶対に負けられないという想いがあるのでしょう。
500mでの2人の対戦が楽しみです!

平壌五輪動画まとめ 氷と喧嘩しない滑りはコチラ!
■2月12日 女子1500mの動画。

この滑走の後、インタビューで小平選手は

「初戦だったけどまずまず。低地では自己ベスト。(次の)1000、500とつなげていけたらいいと思う。氷と対話して、氷とけんかしないよう、落ち着いて滑るように意識した。1000につながる準備ができた」 《引用元:日刊スポーツ》

と語っています。

氷と対話。氷と喧嘩しない。
独特の言い回しで自身のコンディションを語った小平選手。常に落ち着いていて見ていてとても頼もしいです。
小平選手にとって1000mと500mが本番!といったところでしょう。

■2月14日 女子1000mの動画

やりましたね!小平選手が1000mを1分13秒82で滑り、銀メダル獲得しました!!
後半で少しバランスを崩す場面があってハラハラしましたが、オリンピック記録を更新したオランダのヨリン・テリモルスに僅かな差で2位に付けました。

高木美帆選手が3位で銅メダル。史上初の女子表彰台に2名上がるという快挙を達成してくれました。

■2月18日 女子500m オリンピックレコード更新の動画!


やりましたーーーー!!!
遂に、女子スケート初の金メダルを獲得しました!
スタートの直前に少し体がピクっと動いてしまってスタートダッシュに影響が出るのでは?とハラハラした部分がありましたがそんな不安も何のその、グングン速度を上げてオリンピックレコードとなる36秒94を出しましたっ!!

気迫のある、究極の滑りでした!
競技後のインタビュー

「周りが何も見えないくらいうれしいです。考えないようにしていたこともあったが、全て報われたような気持ちです。(コーチと)二人三脚ではなくて、学生だとか同じチームの人たちが私を支えて下さったので、皆にありがとうと伝えたいです。最初から集中して、自分の持ち味を出し切れたレースだったと思います。獣かどうか分からないですけど、躍動感あふれるレースができたと思います」

考えないようにしていた・・・という意味深な言葉がありましたが、1月に急死してしまった元チームメイトの住吉さんのことかな?とふと頭をよぎりました。。。

色んな試練を乗り越えて、3度目のオリンピックで手にした金メダル・銀メダル。
感動を頂きました。

小平選手、おめでとうございます!!