神野光洋(40)が焼死体にした知人は野田育男(画像)!2人に何が起こったのか?

12月16日に高知県の山中で知人を焼いた疑いで逮捕されていた神野光洋(40)。
その後の調べで知人男性は愛媛県西条市の野田育男さん(60)であることがわかった。高知県と愛媛県の県境で何が起こっていたのだろうか?

神野光洋が焼死体にした知人は野田育夫(60)


何とも不可解な事件です。
今月16日、高知県と愛媛県との県境にあるトンネルの高知県側出口付近で、焼けた遺体を車に乗せようとしていた西条市の職業不詳・神野光洋容疑者(40)が死体遺棄の疑いで逮捕されたもの。

逮捕時、神野容疑者は

「近くの河川敷で10日くらい前に焼いた」

と話していた。

神野容疑者の画像はコチラ。

何か、顔が全く見えないような帽子を用意している辺りが怪しいですよね。

神野容疑者のプロフィール
・年齢 : 40歳
・職業 : 無職
・住所 : 愛媛県西条市玉津

野田育夫さんの死因は”外傷性ショック死”の疑いがあるとのことです。

外傷性ショック死とは・・・外傷による損傷の範囲が広く、程度が重度の場合に、急激な血圧の低下や大量の出血・内出血でショック状態を引き起こすこと。
«引用元:デジタル大辞泉»

転倒や暴行などで外傷性ショックに陥ったとみられています。

2人に何が起こったのか?


調べに対して神野容疑者は

「一緒に住んでいる男性が急に苦しみだして死んだ。
 遺体の処理に困ったので河原で燃やした」

と話しているという。

同居していたということは、職場の知り合いだったのだろうか?
神野容疑者が40歳、野田さんが60歳と年が離れているのが気になりますが。

しかし、神野容疑者の供述通り野田さんが苦しんで亡くなったとしたら、仮に亡くなったとしても救急車を呼ぶのが通常の大人の行動ではないだろうか。
医者に診てもらって初めて死亡が確認されることをわかっていなかったのだろうか・・・

事もあろうに、処理に困ったから燃やすとは、理解に苦しむ行動。
自分が殺害に関わっていたから、だろうか。
焼死体のため身元の判明が遅くなったとはいえ、神野容疑者が一緒に住む男性、と言っているのだから誰だかくらいすぐにわかりそうなものだが確定まで3日間かかっている。

色々と不可解な部分が多い焼死体事件、今後も注目していきます。

【関連記事】
山下照男(62)乳がんの妻殺人容疑で逮捕!長男がいる自宅で・・・
松本人志「最近ジジイがね、元気なんですよ」に激しく同意するしかない案件。
佐藤康博(45)逮捕!騒音トラブルで下の階に住む澤田一人さんの太腿を刺す!