伊藤菊子(画像)逮捕!児童相談所の警備員切り付け重傷負わせる!母親の悲痛!

12月20日午後10時に事件は起こりました。伊藤菊子さんは「子供を返して!」と言いながら児童相談所が入る施設にサバイバルナイフを持って襲撃、警備員の男性を殺害しようとした疑いで逮捕されました。被害者の警備員(72)は背中や腕を切り付けられて重傷です。伊藤容疑者は調べに対し黙秘していて、警察は刑事責任能力の有無も含め調べを進めています。気になるポイントが多すぎる事件、調べてみました。

伊藤菊子(画像)逮捕!

横須賀市の児童相談所などが入る施設を調べたところ、横須賀市小川町16番地はぐくみかんがヒットしました。
ニュースで流れた建物に「はぐくみかん」と表記がありましたので、事故現場はコチラで間違いないようです。


伊藤菊子容疑者は子供を児童相談所に預けていて、返してほしいと訴えたことが予想されます。
自分の意志で預けたのではなく、何らかの事情があって周囲の勧めで子供を預けることになったのかもしれません。

伊藤容疑者のFacebookやSNSを調べてみましたが、特定までに至りませんでした。
今後報道で顔画像など出てきたら追記していきます。

児童相談所の警備員切り付け重傷負わせる!母親の悲痛!

児童相談所の概要を見てみました。

1.児童相談所とは

児童福祉法に基づき設置された機関で、18歳未満の子どもに関するいろいろな相談をお受け
します。相談には専門の職員が対応し、必要な調査、医学的あるいは心理学的判定、児童や
保護者に対する支援を行い、一人ひとりのお子さんに適した方法を一緒に考えます。相談は
保護者の他、家族、子ども本人、学校の先生、地域の方、どなたからもお受けします。秘密
は守られ、相談は無料です。

2.お受けする相談

(1)子どもの養護に関する相談

①家庭で子どもを育てるのが難しい
・保護者の死亡、病気、離婚などで子どもを育てるのが難しい
・里子に出したい

②子どもを虐待してしまう、虐待しているのを見る
・子どもを叩いてしまう、つらくあたってしまう
・近所で殴られた痕のある子どもをみかける、家の中でいつも大声で泣いている

※児童虐待には次のようなものがあります
(身体的虐待)子どもを叩く、殴る、蹴る、火傷させる等
(心理的虐待)子どもの心や人格を傷つける言葉を言う、脅かす等
(ネグレクト)食事を与えない、着替えさせない、病院に連れていかない等
(性的虐待)子どもへの性的暴行、性器を見せる、ポルノの被写体にする等
«引用元:横須賀市公式HP»

伊藤容疑者は「子供を返して!」などと言いながら警備員を切り付けていることから、かなり切羽詰まった想いが伝わってきます。
しかし、激情に任せて他人を切り付ける精神状態を考えると、感情的になった時にその暴力が子供に向いてしまっていたのでは、と考えることも容易に出来ます。
詳細が明らかになっておりませんが、虐待など、親子を引き離しておかなければならない理由があったのではないでしょうか。

警察は刑事責任能力の有無も含め調べを進めている、との事なので精神的に不安定な状態が考えられますね。
このような事件をみると、親として考えさせられます。子育ては忍耐の連続ですが、一緒に暮らしていけること自体が幸せなことなので親として、人として子供に恥ずかしくない生活をしていかなければいけませんね。

菊池容疑者のお子さんが真っ直ぐ健康に育つことを願っています。