福井県 池田中学 違う生徒も副担任に叱責され不登校に!副担任否定に「違うだろーー!!」

福井県町立池田中学校で当時中学2年の男子生徒が教師からの執拗な叱責を苦に自殺した件で第二の被害者が出ていることが発覚!今度は女子生徒が激しく叱責され、不登校になっているらしい。
男子生徒が亡くなったのが今年3月のこと。
女子生徒は現在1年生で、今年5月から断続的に休むようになったという。
副担任は否定しているが、状況的に「違うだろーーー!!」と突っ込みたくなるものだった。


池田中 違う生徒も副担任に叱責され不登校に!第二の被害者か?

まさか、自分の叱責が原因で生徒が自ら命を絶った事件が起きたというのに、懲りずに全く同じことを繰り返していたとは。。。
副担任の女性教師は今年3月に男子生徒が亡くなった後も同じ中学校で教師を続けており、
4月からは1年生の副担任となった。
不登校になっている女子生徒は5月から休みがちに。

女子生徒の母親は7月、「宿題を忘れた娘への指導が厳しすぎる。
何度も大声で怒られたり、別室に呼び出されたりしており、学校に行くのを嫌がっている」
と同校に抗議した。

学校側が副担任に確認したところ、叱責を否定。クラスメートからも聞き取りを行ったが、
はっきりしなかったという。不登校は長いときで連続3日間に及んだ。
母親によると、女子生徒は「(副担任は)私にだけ怒り方が違う」と話していた。
引用元:YOMIURI ONLINE

亡くなった男子生徒と同じセリフである。
「僕だけ怒られ方が違う。」
男子生徒の事件から2ヶ月後には他の生徒が追い詰められるこの状況。
これはもう副担任の30代女性教師が怒鳴りたくて、大声を出したくて、何か自分の中にある
ストレスやら怒りやらを発散したくて対象を求めているとしか思えないのである。


副担任の全ての言及に「違うだろーーーー!」

男子生徒を追い詰めた二人の教師が反省の言葉を述べているとの報道があった。

調査委員会の委員長を務めた松木健一・福井大教授らが24日午前、町内で記者会見し、
明らかにした。

松木委員長によると、担任は「もっと子どものことを理解すべきだった」と話し、
副担任は「なぜこんなことになったのかわからない」と語っているという。

担任は4月から別の学校に異動し、副担任は報告書が公表された後の今月17日から
体調不良で休んでいる。
引用元:YOMIURI ONLINE

「なぜこんなことになったのかわからない」という言葉からは、反省の意を全く感じない。
自分は悪いことをしていないのになぜこんなことに・・・
という想いが滲み出ているからだ。
福井県 池田中自殺 校長・教頭実情把握していた!副担任が遺影の前で言った驚愕の一言!
詳細はこの記事にあるが、副担任は男子の遺影の前で
「辛かったね」と言ったそうだ。待ったくの他人事。怒り心頭です!!
このような人の気持ちに寄り添えず、自分の感情を爆発させる捌け口として
「生徒を怒鳴る」行為をする教師がいる限り、被害者は出続けてしまうと思う。
池田町教育委員会の速やかな判断を待ちたい。
ちなみに池田中学校の堀口修一校長から19日付で退職願が提出されたという。
男子生徒の想いが少しでも届いて欲しい。
そして、女子生徒が1日でも早く安心して登校できる日がくることを望みます。