【悲報】福井県池田中学2年男子 学校で飛び降り自殺。理由は教師からの執拗な叱責だった!

残念なニュースが入ってきました。
今年3月14日に福井県町立池田中学校の当時14歳だった中学2年生の男子生徒が学校内で自殺していた件で、原因は担任と副担任から激しく指導や叱責されたことで精神的に追い詰められたからだったと教育委員会が10月15日に発表した。
友人関係やイジメではなく、教師からの叱責が原因とは衝撃的である。
一体何があったのだろうか。


福井県池田中学2年男子 学校で飛び降り自殺



福井県町立池田中学校での悲劇は3月14日に起きた。
午前8時半ころ、中学2年生の男子生徒が教室にいないことに担任教師が気付き、
校内を探したところ、3階の窓が開いている場所から生徒が転落していたことが判明。
既に意識がない状態で病院に搬送されたが2時間後に死亡が確認されていた。
当初学校側は、いじめや教師とのトラブルといった報告はないとしていたが、
池田町教育委員会は4月、有識者らによる調査委員会を設置し、死に至った背景などを調査していた。
そこで今回の事故の原因が判明した。


理由は教師からの執拗な叱責だった!

委員会の報告書によると、生徒は昨年10月以降、宿題提出の遅れや
生徒会活動の準備の遅れなどを理由に、担任や副担任から繰り返し
叱責を受けていたという。

報告書は「大きな精神的負担となるものであった」と指摘。
指導に対し、生徒が土下座しようとしたり過呼吸を訴えたりしたことが
「追い詰められた気持ちを示すものだ」とした。

生徒はこうした指導などについての不満を家族に相談していた。
家族から事情を訴えられた担任は、対応を約束したが、
適切な対応を取らなかったという。

自殺直前の今年3月6日以降には、役員を務めていた生徒会を辞めるよう担任から叱責され、
副担任の執拗(しつよう)な指導も続いた。

生徒の自殺について、町教委は15日夕、保護者への説明会を開いた。
その後、記者会見した調査委員会の松木健一・福井大大学院教授は
「叱責を繰り返したことは指導の範囲を超えていた」と述べた。
引用元:朝日新聞デジタル

生徒がイジメではなく、教師からの指導・叱責を苦に自ら命を絶つことがとても珍しく、
衝撃を受けました。男子生徒は家族にも相談していたにも関わらず、変わらない状況に追い詰められていったことが想像できます。家族の気持ちを思うと無念でなりません。
また、2015年3月に投稿されているこの中学校の口コミの内容が興味深いものでした。
【福井県町立池田中学校の口コミ情報】

生徒数が少ないので、先生の目の届きやすい勉強の仕方を教えてくれる。
→1学年約15名
教科によって違うけれど、凄く熱心な先生が多いと思う。
息子は二人とも野球部だったが、毎日ノートに反省文、どうしたらよいかを書かせていて、
それに対するコメントも毎日書かれていた。
次男は引きこもりになったこともあったが、担任が毎日のように電話や家に来てくれて
励ましてくれた。先生の熱心さは、本人にも伝わっていると思う。
今も息子には心に残っていると思う。
≪引用元:みんなの中学情報[福井]≫

生徒数が1学年15名程度の小規模な中学校。
先生の目が届き、熱心で丁寧な指導をされていたようです。
しかし、口コミにあるようにきめ細かな指導が良い効果をもたらす一方で
人によっては執拗な指導に感じたり、すごくプレッシャーを掛けられているような恐怖に
感じたりするのではないでしょうか。
少人数、閉鎖的な状況下で担任と副担任の大人2人から叱責を繰り返された男子生徒、命を落としてしまうよりは「学校に行かない」という選択が出来たらどんなに良かっただろうか。。。
ご冥福をお祈りいたします。