【北海道伊達市】長女(19)が父親の背中刺す!幼少期からの虐待に耐えかね殺意芽生える!

北海道伊達市で10月28日夜、父親を殺害しようとした疑いで長女(19)が逮捕されるという事件が起こった。少女は「幼いころから日常的な暴力が家族や自分にあり、恨んでいた」と殺意を認めているという。
長年に渡っての暴力、虐待は少女を犯罪者にしてしまった。
母親や他の家族が防ぐことは出来なかったのだろうか?
〈10月30日21:20追記〉
父親は無職で、19歳の長女が働いて家族6人を養っていたという。
「殺せば現状が変わると思った」と長女は語っている・・・


【北海道伊達市】長女(19)が父親の背中刺す!

父指す.png
家族構成は両親と子供が4人、6人家族だった。
父親は40代、無職だった。6人家族をどうやって養っていたのだろうか・・・
⇒会社員の長女が家族を養っていた!!
まだ19歳で遊びたい盛りの年頃なのに、頑張っていたんですね。涙
事件の前日に長女は父親と口論になり、平手打ちをされたという。
その後長女は父親の背中を2箇所、包丁で刺して殺そうとした。
暴力を受けた翌日に我慢できなくなり、父親の攻撃を受けない背後から刺したと予想できる。


幼少期からの虐待に耐えかね殺意芽生える!

警察の調べに対し、長女は幼いときから日常的に母親や兄弟3人と共に父親から暴力を受けていたといい、「暴力を振るうお父さんが憎くて殺そうと思った」と容疑を認めているという。
幼い時から何年も、日常的に暴力を受けていた少女と家族たち。
想像しただけでもやりきれない気持ちになります。
長年の蓄積した暗い気持ち、怒り、悲しみが犯行に繋がってしまったのだから、
少女だけが罰せられるのは可哀想だと思ってしまいます。
しかも父親は無職です。
状況的に国からの援助をしてもらっていたかもしれませんが、6人家族で長女が19歳だとすると、
家族のために働くように言われていたかもしれません。
色んな面で長女が追い詰められていったかもしれません。
Twitterにも長女寄りの意見が多かったです。


父親の行為によって犯罪者になってしまった少女ですが、まだ19歳。
罪を償って、親に左右されない自分の人生を歩んでいって欲しいです!