林孝輔(画像)女性の鼻をへし折って性的暴行!マジでゲス過ぎて怒りが収まりません。

1月上旬に東京都江東区路上で面識のない30代女性の顔を殴って性的暴行を加えたとして林孝輔(24)が強制性交致傷容疑で逮捕されました。
当日林容疑者は酒に酔っていたといい、路上で女性と二人きりになったタイミングで襲ったといいます。30代女性は鼻の骨が折れていたということです。自分の欲望のままに行動して女性を傷つけた林容疑者、ゲス過ぎて怒り心頭です。
報道で顔が出ていましたのでまとめてみました。

林孝輔(画像)女性の鼻をへし折って性的暴行!


報道によると、林孝輔容疑者は1月11日午前0時ころ、東京都江東区の路上で酒を飲んで酔っ払った状態で歩いていた時に30代女性が歩いているところを見付けて他に人がいなかったため『今なら襲える』と思い、背後から襲い掛かった。

『騒ぐと殴るぞ』などと脅し女性を10回ほど殴った後に集合住宅の敷地内に連れ込んで『また殴るぞ』と脅し性的暴行を加え、逃走した。

女性は鼻の骨が折れるなどの1か月の怪我を負ったとのことです。

林容疑者は1月16日に職場の上司に付き添われて警察署に出頭したとのことなので、自分の犯した罪を冷静に考えて反省したのだと思います。
本当の悪人だったら誰にも何も言わず、無かったことにしてノウノウと日常生活を送るだろうと思いますが、林容疑者には良心の呵責を感じて悩んでいたのでしょう。

しかし、お酒に酔っていたとは言え、何故暴行を思いとどまれなかったのか。。そこが残念でなりません。

マジでゲス過ぎて怒りが収まりません。

林容疑者は報道に出ていた映像によると、髭を生やしていたので普通のサラリーマンという印象はありませんでした。
その後の報道で江東区亀戸の建築会社員であることが判明しました。

しかし、お酒に酔って気が大きくなっていたとはいえ、女性の顔面を鼻の骨が折れるほどに殴って欲望を満たすとは正常な精神状態とは言えません。何か大きなストレスでも抱えていたのでしょうか。
交際している女性がいなかったとしても、友達やお金を出して女性と話が出来るお店に行ったりして他にいくらでも方法はあったはずです。

路上を歩いていただけで見知らぬ男に暴行された女性のことを思うと、本当にいたたまれない気持ちになります。
あの場所を歩いていた自分を一生後悔すると思いますし、体の傷は治っても、心に負った傷はしばらく癒えないかもしれません。何とか周囲の方たちのケアを受けて立ち直ってほしいと思います。

林容疑者には今後この一時の欲望を抑えられなかったことを十分に反省して償ってほしいと思います。