ハーヴェイ・ワインスタイン 映画界を追放!30年間のセクハラで全米から総スカン!

10月5日に米誌「ニューヨークタイムズ」が報道した「30年間に及ぶ映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ疑惑」が全米で大炎上。
現地14日には米映画芸術アカデミー理事会が緊急会合を開き、ハーヴェイ氏の会員資格の剥奪を決定し、事実上映画界から追放された。
ハーヴェイ氏は今回の件で10月8日に弟と立ち上げたワインスタイン社から解雇され、
10月10日に妻のジョージナ・チャップマンに離婚を言い渡され、14日には映画界を追放された。
まさに全米から総スカンを食らってしまったハーヴェイ氏のセクハラ疑惑をまとめてみました。


【重鎮】ハーヴェイ・ワインスタイン 映画界を追放!


10月5日に「ニューヨークタイムズ」誌で第一報が出た後、次々と被害者の声が噴出した。
その数何と20人以上。
グウィネス・パルトロウさんやアンジェリーナ・ジョリーさんら有名女優も過去の被害を告白した。
ハーヴェイ氏は自身がハリウッドの大物プロデューサーであることを笠に着て女優や女性社員に性的な関係を迫っていた。
駆け出し中の女優はその後のキャリアアップや映画でのキャスティングをチラつかされ、
ハーヴェイ氏の欲望の餌食となっていたという。
女優のグレン・クローズさんは、ハーヴェイ氏がセクハラを行っているという噂が長らく業界内に存在していたことを証言している。
一連の騒動を受けてハーヴェイ氏の会員資格剥奪を決めた映画芸術科学アカデミーは
「性的な嫌がらせを見逃す時代は、映画界では終わったとメッセージを送るために、追放を決断した」とコメントしている。


30年間のセクハラで全米から総スカン!

何故30年間もの長い期間、このような卑劣な行為が明るみに出なかったのか。。。
確かにハーヴェイ・ワインスタイン氏は大物プロデューサーである。
関わった作品はよく知られたものばかり。




しかし、大物プロデューサーという権威を使って女性にセクハラをするなど言語道断である!
前述したグウィネス・パルトロウさん、アンジェリーナ・ジョリーさんは
映画の仕事をした時にハーヴェイ氏のホテルの部屋に誘われて、関係を迫られたが拒否して逃げたという。
しかし、逃げられなかった女性も多数いたそうで米誌「The New Yorker」によると3名の女優が被害に遭っていることが分かっている。
ハーヴェイ氏は弁護士を通して「全ての記事はほとんどが嘘で、非常に中傷的なものだ」と発表している。
この件に関して多くのハリウッド俳優たちがコメントを出している。

「あなたがどんな職業であっても、セクシュアルハラスメントや性的暴行の言い訳はありません。
私は前に来て、彼らの声を聞かせた女性の力と勇気に拍手を送る」

レオナルドディカプリオ Twitter より引用

「リッチで有名で権力があってもデブなクソ野郎じゃないとは言い切れないってことさ」

トムハンクス コラムニストの取材に対して

「私はセクシャルハラスメントを受けた全ての女性を支持し、その勇気に畏敬の念を
 覚えます。この女性虐待は止めねばなりません。」 

エマワトソン Twitterより引用
会社を解雇され、離婚され、映画界からも除名処分を受けたハーヴェイ氏。
わずか2週間で全てを失った男の今後はどうなっていくのだろうか。
映画よりも現実は奇なり。。