ドキュメンタルシーズン3山本優勝!終盤は失速感が否めない・・・【ネタバレあり】

8月30日にドキュメンタルシーズン3の最終話であるエピソード5が配信されました。
優勝者は極楽トンボの山本。
しかし、最後に残った挑戦者、木下と山本の戦いが笑えな過ぎて残念な声が多数出ています。
最終話を振り返りながらまとめてみました。
IMG_20170831_135233.jpg


全く笑えない2人の攻防。。。嘘でしょ?!

IMG_20170831_132921.jpg
最後の戦い、残り45分間。
木下と山本の戦いは、笑わせに行く!という気合いが感じられず、とにかく守りの態勢。
まさかの睨めっこを始めて松ちゃんに『嘘でしょ?!』と言われたり、
山本が女装、木下が白髪カツラを被って登場しても少しの笑いも起こらず・・・
選び抜かれた笑いのプロの決戦!かと思っていたのに、ただ果敢に挑戦せずに笑いを堪え抜いただけの2人の戦いになってしまったのか。
面白い芸人はガンガン仕掛けていくから笑いを起こして自分にも笑いの余波が忍び寄るんですね。

ゾンビルールに安堵!

IMG_20170831_133141.jpg
そんな停滞した空気の中『ゾンビタ~イム』の松ちゃんの声と共にゾンビ投入。
これ、観ていた人は全員ホッと安堵したのではないでしょうか。
春日が登場して、第3話でも発動したシモ芸を披露!
安定の面白さ。このドキュメンタルで春日に対する評価はかなり上がりました。
ただのゆっくり歩く人じゃない!ポテンシャルが高い!
少なくとも残った2人よりは笑いのセンスありありです。
ここでも山本、木下はただただ笑いを堪える。
リアクションも全然面白くない。何かもう、雰囲気が暗い!


くーちゃんのテディベア再び

IMG_20170831_135825.jpg
第4話では出ただけで2人も笑わせたくーちゃんのテディベアと伊達のテレンス・リー、RGの今昔庵が3人で登場。
木下と山本を巻き込んで笑いに変えようと仕掛けてきますが、ここでも2人は『逃げ』の姿勢で積極的に参加せず、さむい対応。
木下は、ゾンビを直視せず見ていてイラついてきちゃうくらい逃げ腰。

くーちゃんの顔風船再び

IMG_20170831_134901.jpg
これ、ドキュメンタルシーズン1でもくっきーが出してきたネタですね。
今回は3人で顔風船で登場したので面白すぎる絵面になりました!
空気を入れて膨らませたり、しぼめたりして木下と山本を何とか笑わせようとしますが何とか堪えるふたり。そんな中また春日がやってくれました!
IMG_20170831_135048.jpg
無言で顔風船トゥーース!
カスカース、鬼瓦!の連続技。顔風船してやるから面白すぎる!
後藤の声が入ってましたが「よくここでコレ出たな」とのこと。本当に同感です!
ここで6時間が終了しました。
秋山を笑わせたポイントがあったという理由で山本の優勝が決定。
ん~~~~、何だかな。山本で1回も笑わなかったけど?!という感想です。
力を発揮出来なかった自覚があるのか山本も何度も「何かすみません!」と言っていました。

シーズン3のまとめ

新ルールである「ゾンビタイム」はすごく面白かったし、好きな芸人さん達を最後まで観ることが出来て楽しかったです。
しかし、今回のように笑いを仕掛けないでただ守りに入る人が残っていき、ゾンビ頼みになってしまうのは面白くないかな。
面白くない人が脱落するようなルールを追加して欲しいと思います。
ただ、やはりシーズン3の第3話は神ってたので今までで1番笑った~!

シーズン4が冬に放送決定らしいので、今から楽しみです。

【最新シーズン4の記事】
ドキュメンタルシーズン4 第1話感想【ネタバレ】初回から爆笑の予感!


【関連記事】
松本人志「最近ジジイがね、元気なんですよ」に激しく同意するしかない案件。