デヴィ夫人 横領被害額は2億6000万!資産額が莫大で2億を「家一軒分」と話すセレブ感覚が凄い!

タレントのデヴィ夫人が自分の事務所の経理担当の男性に事務所のお金を着服されて被害額が2億6000万円にも登っていることがわかった。
無職の辻村 秀一郎容疑者(60)は、2011年から会計事務所から派遣される形でデヴィ夫人の事務所の経理を担当。数年に渡り40万、50万、60万とまとまったお金を引き出し着服していた。
10月27日デヴィ夫人は自宅前で取材に応じ、「自宅1軒建ったかと思うと残念」と話した。
2億超えで家1軒って・・・何軒も建ちそうですよ?!
セレブ感覚が凄いデヴィ夫人に注目してみました。


デヴィ夫人 横領被害額は2億6000万!


驚くべきことに、会計事務所から派遣されていた辻村 秀一郎容疑者(60)は、会計士の資格も税理士の資格も持っていなかったそうだ!
デヴィ夫人の事務所の経理を担当するために週3回通っていたという。
印鑑はデヴィ夫人が持っていたが、通帳を預けていたそう。
納税の時期になると毎年「お金がない」と訴えてきたのでデヴィ夫人は
「おかしいな、使いすぎたかしら」とは思ったけど深く考えなかったそうだ。
ここで突っ込んで調べないあたりが、お金持ちな人って感じですよね。。
呑気というか杜撰と言うか・・・
着服はトータル300回、引き出した金額は1億7000万円に及んだ。
300回って!!引き出す側もそんなに頻繁にお金を引き出していたら感覚がおかしくなっていたでしょうね。
宮沢りえ主演の「紙の月」という映画を思い出しました。
罪悪感があるのは最初の数回で、あとは堂々と横領を繰り返す女の話でした。
お金の使い途は贅沢三昧で徐々に金銭感覚も崩壊し、若い男に貢いだりしていました。
辻村容疑者は1億7000万円もの大金を何に使ったのでしょうか?
デヴィ夫人が警察の調べで女に使っていた事がわかったと言っていました。
本人は菜食主義で派手な生活をするタイプではなかったようで、
やっぱりキャバクラ嬢に貢いでたのかもしれませんね。。。
デヴィ夫人は取材に
「銀行に資金運用の相談に行ったら、逆に融資を提案されて発覚した。」
と話していました。恐ろしいですね~!
ただ、取材に応じるデヴィ夫人は酷く取り乱している様子もなく
「ようやく逮捕された。ここまで1年もかかった」と冷静に話していました。
1年経過する期間で気持ち的に落ち着いたのかもしれませんが、
さすがはセレブの貫禄だな~と思ってしまいました。


資産額が莫大で2億を「家一軒分」と話すセレブ感覚が凄い!

デヴィ夫人と言えばインドネシアの元大統領スカルノの第3夫人だったという経歴の持ち主。
庶民からは想像もつかないような生活をしているのだろう。
通帳から1億以上引き出されていても気づかないくらい。
「家が1軒建ったかと思うと残念」と話したデヴィ夫人にそこまで悲壮感がなかったのが印象的でした。一体どのくらい資産があるのだろうか?
調べてみたところ、、、
・スカルノ元大統領が遺した遺産を元手にインドネシアで石油事業を興し
 資産を築く。
・ニューヨーク、バリ、東京に不動産を所有。
・1970年から40年以上「デヴィ夫人」として日本芸能界で活躍
・執筆活動
資産は数十億以上と予想できます。
27日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」では木村太郎さんが
「1ヶ月に1回は通帳記帳するべきでしょ、納税期にお金がないってなったら普通だったら
 色々調べるでしょ。鷹揚なもんだな。」と皮肉を言っていましたがデヴィ夫人クラスになると、
お金に執着が無くて危機管理意識がないのかもしれませんね。
横領被害に遭ったお金は戻ってくることは無いとのことで、取ったもん勝ちなの?と
びっくりしてしまいましたが、辻村容疑者には出来る限り償って欲しいものです!
これにめげずに今後もデヴィ夫人が活躍してくれることを期待しています!