安室奈美恵 ライブ成功のため声帯ケア!ベストアルバムの評価の影響か?

2018年2月から行われる最後の5大ドームツアーに向けて、安室奈美恵さんが極秘通院していることが女性自身の取材で分かりました。
引退発表から3か月が経ち、最後のライブは何としてでも観に行きたいファン達により前代未聞のチケット争奪戦が繰り広げられているという。
業界人や芸能人でさえも入手困難、超スーパープレミアチケット状態だという。
そんなラストステージに向けて、安室さんが極秘で通院している病院とは?

ライブ成功のための声帯ケア!

«引用元:ライブドアニュース»
12月中旬、安室さんは都内の「声に関するさまざまな疾患を治療する専門外来」にいた。マスク姿のせいで、周りからは全く気付かれていない様子だったという。
一体、どこか不調でもあるのだろうか?と心配になってしまう。

現に2010年10月に安室さんは声帯炎で全国ツアーを2日間延期にしたことがあった。

 声帯炎のため14、15日の全国ツアー東京公演を延期した歌手・安室奈美恵(33)が18日、所属事務所の公式携帯サイト内で展開しているツアー期間限定ブログで、19日の大阪公演から復帰すると発表した。冒頭では「コンサートが中止になってしまったことを、深くおわび申し上げます」と陳謝した上で「私にできることは、残りのコンサートを精いっぱいやることです」と復活を約束。「明日の大阪! 会場でお待ちしております」と意欲的に綴った。

2日間の延期について「私にとっても初めてのことで、両日とも出来る限りの手を尽くして頂きましたが、断念せざるを得ない結果となってしまった」と経緯を明かし、現在は「身体を休め、充電させていただきました」と気力も十分に回復した。「明日から最終日まで皆さんと楽しいコンサートにしたいと思っています」とまずは大阪国際会議場のファンに笑顔を届ける。

«引用元:ORICON NEWS 2010.10.19»

声帯炎から7年経過しているため更なる注意が必要なこと、ラストステージだけに延期や中止は避けたい、などの理由から慎重になっていることが窺えます。

「病気や何かしらの不調が無くても、通院して専門医に見てもらう歌手やアナウンサーは数多くいます。」(音楽関係者)

ということで、『声』を生業にする人たちにとっては、このような専門外来に通院することは一般的なことなのですね、大ごとではないようで何より。
冬のこの時期は関東の乾燥は深刻ですから、声も枯れやすい時。何はなくともマスク!ですね。

「安室さんは以前から定期的にその病院に通っているそうです。診察の時間も短いですし、この日も喉のための薬をもらいに来たのだと思いますよ。念には念を入れて、喉や声帯に万全のケアをしているのでしょう。さすが安室さんです。」(前出・音楽関係者)

2か月後から始まるラストステージを駆け抜けるためのプロ根性、素晴らしいし、ファンを第一に考えてくれていますね!
この姿勢を見ても、年末の「紅白歌合戦」出場は無い!と思われますね~
「2月からのライブに支障が出るから」という理由で。
NHKはまだ諦めていないようですが・・・

«最新情報12月19日19時»
NHKが2017年大晦日に放送の「第68回紅白歌合戦」に安室奈美恵さんが出場することを発表した。
「特別出演歌手」枠で出演するといい、何を歌うのか?どんな演出になるのか?
今から楽しみですね!

新ベストアルバム「困惑」の声も・・・?

11月に発売された新ベストアルバム「Finally」については、収録曲52曲のうち、39曲が新たに収録したものだったことから小室哲哉時代の安室さんしか知らないファンから「声が違う・・・」と困惑する声が上がったという。

でも、それは至極当然のことですよね、20年近く経っていて声が全く一緒の訳がない。20代から40代になって、声が変わっていない人はいないと思います。

しかし、それだけ「安室ちゃんラストアルバム!」というブランド力から多くの人の購買意欲が刺激されたことがわかりますね。
だって、たった販売から5日で100万枚のミリオンセラーを叩き出したわけですから!!

皆ベストアルバムの感想はそれぞれですが、多くの人の生活に安室ちゃんの音楽が深く溶け込んでいたんだなぁと思います。
もちろん私もです!中学校の時のダンス発表の曲から安室ちゃんでしたし、思い出のシーンには安室ちゃんの曲が掛かっていましたし!

引退理由や引退後の生活についても注目されていますが、2018年9月までは現役の安室ちゃんの活躍を見守っていきたいですね!

【関連記事】
安室ちゃん引退発表!イモト大丈夫か?号泣必須!日本中でイモトを心配する声殺到!